北九州市(八幡西区・若松区・八幡東区・小倉北区他)・遠賀郡で相続相談なら司法書士・行政書士やまなみ事務所へお問合せください。

司法書士やまなみ事務所

司法書士・行政書士のやまなみグループ

〒807-0821 福岡県北九州市八幡西区陣原5丁目2番6号ワタナベビル2F

ご予約・お問合せはこちらへ

093-482-5548

不動産売買による登記

不動産売買と司法書士、司法書士のことをよく知らない方からすれば、何の関わりもなさそうに思われるかもしれません。

しかし、不動産売買において司法書士は欠かせない存在です。深い関わりがあるのです。

不動産の名義変更は司法書士の仕事

相続や贈与によって、不動産の所有者が変われば、不動産の名義の変更を行うのが普通です。

 

このことは、不動産の売買があった時も同様であり、それどころか、名義の変更を伴わない不動産売買はあり得ないといっても過言ではありません。

その理由は、以下の民法の条文が存在するからです。

 

民法第177条(一部省略しています)

 不動産に関する権利の得喪及び変更は、その登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

 

簡単に言えば、名義の変更(所有権移転登記といいます)をしなければ、不動産の所有権を取得したことを法律上第三者に主張することができないということです。

売買契約を結んで代金を支払ったとしても、名義の変更をしなければなんの意味もありません。

 

ですので、必ず不動産売買には名義の変更が伴います。

その役割を担うのが、不動産登記のプロフェッショナルである司法書士なのです。

登記費用の見積り致します

不動産売買における名義の変更は、売買仲介業者が指定した司法書士が行うのが通常です(知り合いに司法書士がいるのでその司法書士に依頼するという方もいらっしゃいます)。

指定の司法書士が行う場合は、売買手続きの段階で、仲介業者から登記費用の見積書を見せられることになるでしょう。

 

この登記費用高いんじゃないか?と思われた方はぜひご連絡ください。

当事務所の報酬基準に基づいてお見積もりを致します。

 

初回相談は無料となっておりますので、お気軽にご連絡ください。

その他メニュー

不動産登記

不動産登記全般に関するページです。

コラム

さまざまなジャンルのコラムがございます。ぜひご一読ください。

お電話でのお問合せはこちら

093-482-5548

営業時間:9:00~19:00(土日祝を除く)

※ご予約により時間外・定休日の対応も可能です。